婚活 失敗

せっかくの婚活が台無しに…失敗した経験談

 

タイムマシーンがあれば…時間をさかのぼっていくのに…なんて婚活の失敗を教えてもらいました。

 

次々と着信。電源をOFFにしていれば…(三十代の男性)

 

こちらの男性は婚活パーティでマッチングに成功した女性と、ご飯デートの約束を取り付けました。

 

髪、洋服…身なりを整えて準備万端。ウキウキだったそうです。イベントでのトークもその後のメールもなかなか盛り上がっており、うまく運んでいたのだそう。

 

そしてデート当日。選んだレストランはお気に召したようで、いい雰囲気でした。それではコース料理を頂きましょう…というタイミングで男性の携帯に着信。しかもジャンシャン着信の嵐…

 

男性は律儀に応対したようですが、結局このことが原因で、その女性には別れを告げられてしまったようです。電話中、徐々に彼女が引いていったとのこと。マナーの問題か、デリカシーの問題か…

 

意中の人とのお食事なら、邪魔が入らないよう、携帯の電源はOFFにしておいた方がいいかもしれません。もしくは電源はつけたままでも、その場では無視して、返信・応答は後にするなどの配慮が必要です。

 

もしどうしても無視できない電話であれば、必ず相手の女性に、申し訳ないという気持ちを伝えましょう。

 

 

いつのまにか五股!?優柔不断すぎたかも…(三十代の女性)

 

続いてはアラサー女性に伺ったお話。こちらの方は、結婚相談所を利用していたとのこと。

 

幸い多くの方と知り合う機会に恵まれましたが、どの男性も甲乙がつけがたく、お断りが出来なかったそうです。

 

その優柔不断さが祟り、誰とどんなトークをしたか思い出せず、会話が上手くいかないような事態が続きました。

 

つまりは、どれが誰だか把握しきれない状態だったのです。

 

女性はその時々で柔軟に対応し、修羅場を切り抜けていましたが…どうしようもない失態を犯してしまう日が来たのです。

 

そう…男性の名前を間違えたのです。当然ですがその男性からはお断りの連絡がきたそうです。そしてまた同じ轍を踏むのでは?という恐怖心が芽生えてしまい、並行して会っていた男性陣全員にお別れを告げたとのこと。

 

実は彼女、実際に対面して心惹かれていた男性もいたのです。しかし結果的にはその方との接点も失ってしまいました。

 

いわゆる「同時交際」が可能な相談所も存在します。しかしそれなら、最低限相手と取ったコミュニケーションを把握しておく努力がいるでしょう。

 

こういった失敗は男性にとっても不快でしょうし、うまく捌ききれないのなら同時交際には手を出さないのがお互いためなのでは。

 

同時交際をうまく進める方の中には、Excelなどを駆使して、相手との情報を整理している頭脳派もいるそうな。

 

 

言わなくても伝わるなんて嘘…(四十代の男性)

 

こちらは男性。四十代の方のケース。

 

結婚相談所を利用して出会った女性と、順調にお付き合いを開始。相性がよかったのか彼女とはスピーディに仲が深まったそうです。

 

次第に将来のことも考えるようになり、男性は彼女に「本気で☆☆さんのことを、考えたいと思っています」と自らの気持ちを告げました。

 

…が彼女からは予想に反する答え。

 

「つまり、今までは本気じゃなかったんですね!」

 

怒った女性から、後日、別れを切り出されてしまったとのこと。

 

男性の本心は「より本気で、将来を見据えたお付き合いを続けたい」というもの。真剣な気持ちを告げたはずでしたが、思いが伝わるどころか、悲しい終わりを呼び込んでしまったのです。

 

せっかく本気で将来を意識したのに、あまりに残念な幕切れです。

 

言葉足らず、本心が伝わらずに傷つけてしまう…、これは恋人に発展する前後のデリケートな距離感の際に頻発するケースです。

 

一言二言の意味を正確に伝えられず、悪い方向に駒を進めてしまうのはよくあることです。
まだそれぞれのことを深くは知っていない…そんな距離感での初動には、相当気を付けるべきです。

 

とりわけ将来に関わるような気持ちを告げるなら、言葉を選び、間違いなく相手が理解できるよう考えることが大切です。

 

 

ウェブで見つけたちょっと「アレ」な人々

さて続いては、数人の男性の経験談を聞かせて頂きましょう。

 

三十代後半/不動産関係のケース

 

この男性は婚活サイトを利用。プロフィールには年収も載せたそうです。
その後、サイトを介してメールをするようになった女性と実際に会うことに。その女性と対峙して彼女から出た言葉は「収入は事実ですか?」
メールをしていたとはいえ、初対面の相手に向かって…人間を疑います。

 

三十代のケース
彼のもとに送られてきたメールを要約すると「相性診断してみたらいい感じでした。よければメールしましょう!」というようなもの。

 

二十代前半の女性だったというのを差し引いても、なかなか非常識…徒労感がいっぱいです。

 

婚活にネットを利用する場合、まず自己PR文から相手を選定し、メールなり連絡を取るのが基本になります。

 

当然メールだろうが、初めてコンタクトを取るなら「初めまして」が常識です。

 

プロフィール読んでないな…と思い、男性がその旨を暗示するメールを返したところ、二度とメールは来なかったそうな。